寝て芸新着記事

2015.04.19

芸能人“放送禁止・発禁”事件ファイル

芸能裏ネタ、行ってみましょう。
今回は、CMが突然放送されなくなったり、写真集が発売禁止になったり…芸能人とメディアが世間を騒がせた事件をファイルしてみました。
題して、芸能人“放送禁止・発禁”事件ファイル

はてさて、どんな芸能人が、
どんな事件に巻き込まれたのでしょうか


小倉優子
2003年に「よみうりランド」のイメージキャラクターに選ばれた、小倉優子のポスターが、自主回収された。
そのポスターのキャッチコピーが、下品だとクレームがついたからだという。
「学生 きてきて! 安くするわよ。」
「ヤダー! こんなにビショビショ〜」
「一日三回もなんて…。もう許してぇぇ!」

このコピーが、水着姿の小倉優子の刺激的な写真を合い過ぎていて、実に挑発的な仕上がりになってしまったのだ。

相次ぐクレームに、よみうりランド側は、ポスターを回収し、キャッチコピーだけを差し替えて、新ポスターを制作。
差し替え後のキャッチコピーは、以下のとおり。
「真夏の学割『プールWAI』」
「ズブ濡れ覚悟でお乗りください」
「一日三度の恐怖があなたを襲う…」

書き換えられて、非常に意味はわかりやすくなったが、インパクトは弱まり、何の面白みのないコピーになってしまったとの声も。
これがその激ヤバポスター
小倉優子お蔵入りポスター

安倍なつみ
2004年、安倍なつみ写真集「ナッチ」が発売禁止になってしまった。
その理由は、掲載されていた詩の“盗用疑惑”。
ナッチがパクったとされているのは、JUDY AND MARY、ROBOTS、aiko、小室哲哉、Crystal Kay、橘いずみ…などの歌詞。
ミュージシャン以外では相田みつをの詩なども盗用しているという。
写真集「ナッチ」に収録されている詩などは、ROBOTSの「いつかの夜の夢」に瓜二つ。一人称が男性から女性に、漢数字がアラビア数字に変わっているだけだとか。

ちなみに、同じ理由からエッセイ集2冊が発禁になっている。
安倍なつみ「陽光」

これが廃版となった写真集「ナッチ」
ナッチ―安倍なつみ写真集

まだまだ多数あるのですが、続きは次回に(情報参照元:ナックルズEX・ウェブ拾い)。

ブログパーツ
リゾート地でバイト