寝て芸新着記事

2015.07.20

(続)芸能界“激安ギャラ伝説”特集

先日お贈りした「芸能界“激安ギャラ伝説”特集」の続編です。

今回は、あの天下のSMAP5人でたったの25万円という話も


明石家さんま
1985年、サザンオールスターズのニューアルバムのテレビCMに出演した明石家さんまのギャラは伝説となっているらしい。
何とその時に、さんまが受け取ったギャラは、CDウォークマン一つだけだったとのこと。
さんまは、このエピソードを自身の番組でたびたび語っており、持ちネタの一つにしてしている。

子門真人
売り上げ枚数455万枚、“日本で最も売れたシングルレコード”として、ギネス記録にも認定されている名曲「およげ!たいやきくん」。
この曲を歌った子門真人に支払われたギャラは、後にも先にも、5万円ポッキリだという。
その理由は、当時子門は音楽出版会社の社員で、アルバイト的に歌を任されただけであり、印税契約をしていなかったから。
その後、発売元のポニーキャニオンは、その利益で「たいやきビル」の異名を持つ新社屋を建てた。
その一方、子門は「人間嫌いになった」という言葉を残し、隠居してしまったとのこと。
ちなみに、このレコードのB面を謳った、なぎら健壱に支払われたギャラも3万円だったとか。

浜崎あゆみ
歌姫として長い間、芸能界に君臨する浜崎あゆみ。
彼女の出演料が、わずか17〜18万円という激安番組がある。
それは国民的番組「NHK紅白歌合戦」。
「紅白」に出演する歌手は、S、A、B、C、Dという5段階に分けられるとか。
ちなみに、浜崎はBランクらしい。
しかし、Sランクの和田アキ子や北島三郎でさえも、推定ギャラは30万円しかない。

SMAP
あのSMAPも、「紅白」はほぼボランティア的なギャラで我慢しているみたい。
なんと、5人合わせて25万円というから驚くしかない。
SMAPのランクはAで、天童よしみ・五代夏子らの中堅演歌歌手と同じ待遇だとか。
ちなみに、「紅白」は初出場や新人歌手には特に厳しく、ギャラは5万円程度。
そうなると、去年出場したAKB48にいたっては、一人あたりのギャラは交通費程度ということになる。

細木数子
テレビ界からの引退を発表した細木数子は高額ギャラで有名。
1回の番組出演料は400〜500万円とも言われる。
しかし、そんな細木数子にも、信じがたい伝説が。
フジテレビ「料理の鉄人」にかつて品評家として出演していたが、この時の細木は「テレビはあくまでコミュニケーションの場」だと言って、ノーギャラで出ていたという。
そのせいか、超一流の料理人が作った料理に対しても「まずい」「口に合わない」などと辛口コメントを連発し、周囲を震え上がらせたとか(情報参照元:特冊新鮮組)。

う〜ん、「紅白」の場合はリハーサルとかを含めるとかなり拘束されるわけだから…それでSMAPが25万円で出演をOKするとは信じがたいんですが…。
ちなみに、去年の司会をつとめた中居正広のギャラは100万円鶴瓶150万円だと噂されています。
SMAPは今年の「紅白」で夢の5人司会も囁かれていますが、それが実現した時のギャラも気になりますね。

『辻希美』 ひな祭りで実家に帰り、姉をブログで紹介したのはいいんですが・・・



ブログパーツ
リゾート地でバイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。