寝て芸新着記事

2015.04.21

仲間由紀恵が隠し通したい過去とは!?

売れに売れているタレントには、隠したい過去の一つや二つはあるものだろう。
われわれ一般人ですらあるのだから、彼女たちにないはずはない。

ところが、超美形女優としてその名を馳せた、仲間由紀恵に、
隠したい過去があると想像できる方がおられるだろうか。

一点の曇りもない美を誇る彼女には、
過去の汚点など無縁である


ドラマ「ごくせん」などが大ヒット、NHK大河ドラマ「巧妙が辻」でヒロインを務めた。
仲間由紀恵は、大女優への道を着々と歩んでいるかに見える。
いや、実際に歩んでいるのだろう。

ところが、意外なところから、意外な意見が出てきたのだ。
語り手は「沖縄アカデミー」で、12歳から仲間を育てた小沢幸平校長。
彼の嘆きの声を聞いてみよう。
何年か前に、NHKの番組に由紀恵ちゃんが出ていて、そこで『今度、初めてミュージカルをやるんです』って言ってたんですよ。ウチの生徒たちと一緒に見ていたんですが、あれはショックでした。東京との規模の違いはあれど、すでに由紀恵ちゃんは沖縄でミュージカルを経験しているんです。なぜ、そこまでウチにいた3年間を隠すんだろうと、残念でなりません

仲間由紀恵は、「沖縄アカデミー」で92年から3年間学び、地元の売れっ子スターとなったのだ。

小沢氏はさらに悲嘆の声を漏らした。
売れ出してから、この3年間くらい、彼女は急に「沖縄アカデミー」の名を口にしなくなったという。
さらに、驚くべき事実が浮かび上がる。
どこの学校でもそうですが、生徒の募集には、出身者の名前を大きく使いますよね。ウチも新聞広告とかCMスポットとかで『仲間由紀恵に続け!とうたっていたんです。ところが、ある関係者から『仲間の名前を出してくれるな』と要望がありました。なぜ、そんなことを言われるのかと思うと哀しくなります

そして、学校のOBなどでお金を出し合って、仲間の誕生日には花束を彼女の現在の事務所に贈っているのだが、それさえも無視されているというのだ。

少々、ヘビーな話になってしまったが、どの世界にも、こういうことはありうるのではないだろうか。

仲間由紀恵の心の中までは、覗くわけにはゆくないから、真相はわからない。
ただ、推察するなら、現在の事務所は、過去を懐かしむより、もっと厳しく自分を磨け、
女優道の鬼になれと教えているのかもしれない。

それとも、何かほかの理由が…。

個人的には、私は彼女が好きである。
ガングロやチャパツなどが全盛期の時に、
彼女は美白、黒髪で勝負していた記憶がある。
彼女の整形とかも噂には出ているが、
それは完璧な美に対する嫉妬の裏返しであると思う。

彼女のイメージと沖縄は確かにシンクロしない。
ハリウッド進出の話も出ている彼女のこと。
沖縄出身というイメージに縛られない、
グローバルな仲間由紀恵ブランドをつくろうとしているのだろうか。

09:47 | 仲間由紀恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
リゾート地でバイト