寝て芸新着記事

2007.10.28

安藤美姫が初戦で転倒するも、笑顔の2位発進!

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズがついに開幕しましたね。
第1戦、スケートアメリカ第2日は27日、当地で行われ、男子は世界選手権2位の高橋大輔(関大)が合計228.97点で2年ぶり2度目の優勝、GP通算では日本男子初の3勝目を挙げました。

前日のショートプログラム(SP)で大差をつけた高橋は、フリーのジャンプで2度転倒するも、堂々の優勝。

注目の女子のSPは、世界女王の安藤美姫(トヨタ自動車)が登場。
14歳の天才少女、キャロライン・ザンとの初対決の結果は→ranking

forrent

レーシックに興味ある方はこちら!


みなさん、フィギュアスケートのGPシリーズの開幕戦、
テレビ放送はご覧になりましたでしょうか。

世界チャンピオンの安藤美姫と地元アメリカの精鋭たちとの対決は、
なかなか見ごたえがありました。

昨季の世界ジュニアチャンピオンである、キャロライン・ザンは今季からシニアに初参戦。
彼女の特徴は、柔軟な体を活かした、「パール(真珠)・スピン」と称される超ハイレベルなスピンなんですが…。

ショートプログラムは、ジャンプの回転不足をのぞけば、ほぼ完璧。
演技後は満場のスタンディングオベーションで称えられました。

日米対抗でも見ましたが、今回は真剣勝負とあって、初めてキャロラインの凄さを見せられたという感じ。
柔軟性を活かしたスピンをはじめ、アクロバティックな演技を披露。
これまでの女性フィギュアの常識から逸脱した世界を見せられ、度肝を抜かれました。
また彼女の魅力はサーカス的な離れ業だけはなく、音楽にもよく反応し、表現力もこれからかなり伸びるだろうという可能性も感じさせてくれました。
まだ、14歳ですが、勝負度胸も併せ持つ、まさに天才。
次の五輪まで、どこまで成長するか末恐ろしい存在です。
for Job

SPでトップに立ったのは、アメリカの妖精・キミー・マイズナー
彼女には「3回転+3回転」ジャンプ以外に派手な飛び道具はありませんが、持ち前のスピードと技のキレはさすが。
端正なマスクと、いかにもアメリカンといった明るい笑顔、しかも、知性と気品が漂う、フィギュア界の貴重なスターですね。

キミーはトリノ五輪でも6位に輝いていますし、一昨年の世界チャンピンでもあります。
しかし、少しもおごったところを見せないのも爽やかです。
彼女の演技は、上手く見せようとか、審査員の気を引こうとかいう、あざとさがなく、最初から最後まで誠実に滑り切るので実に好感が持てます。
今日のSPを見たかぎり、身体的にも強くなっていますし、
やはり安藤と浅田の最大のライバルと言えるでしょうか。
e-vacance

では、注目の安藤美姫は?
前期のSPは、全大会を通じて大きなミスはなく、安定感抜群でした。
しかし、今回はいきなり転倒。しかも、ジャンプではなく、ステップで…。
でも、終わってみれば、キミーに次いで2位。キャロラインとは僅差ですので、この3人の優勝争いになりそうです。

キャロラインも、キミーもいいけれども、やはり安藤美姫の表現力は、別次元だったような…。
アメリカの2選手がどちらかというと演技が体育系であるのに対し、安藤は芸術系を目指しているように感じました。
前期の安藤はジャンプの復活と演技の安定を第一に考えていたようです。
しかし、今期は演技の「華やぎ」と大人の「円熟」を目指していると見受けられました。
転倒はしましたが、前期よりも、ステップや表現力などは、さらに上のレベルを狙っていることはクッキリ。
グランプリファイナル、全日本選手権までに、どれくらい新プログラムを熟成してくれるか、楽しみです。
完成すれば、去年よりも、さらに一皮むけたミキティが見られることは確実…そんな期待感を抱かせるSPでした。
The・Brand
しかし、いつもそうですが、安藤の演技は世界チャンピオンになっても、なぜかハラハラしますね。
そういうところも、安藤のキャラであり、魅力でしょうか。
演技終了後の笑顔は微妙でしたね。

それと番組中、世界チャンピオンになったあと、引退を考えたという本人の言葉に少し驚きました。
「媚びないで、自分の意思で滑る」のが目標と語っていましたが…荒川静香のトリノ五輪での無我の境地にはまだ遠いかもしれませんね(笑)。
ともあれ、フィギュア界は今年も安藤が話題の中心になりそうです。

★この記事をブックマークする⇒ブックマークに追加する

■今日の芸能速報はRANKING⇒「寝て芸」の順位は?

浜崎あゆみと元彼ツーショット」
芸能ランキング9位エンタメズ!さんで
NHK出入り禁止だった!明石家さんま
芸能ランキング10位ワイド芸能ショー さんで


オンライン予約:割引きあります。・・・ホテル489ネット


【動画コーナー】
安藤美姫 15歳
安藤美姫 フィギュア日米対抗 エキシビション

21:44 | Comment(13) | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
ミキティ、あんなに頬がこけて身体は大丈夫なのか心配です。でも失敗もあった演技終了後、まだ笑顔が出る心のゆとりがあったようで少しホッとしました。
それにしても、先日の日米対抗での衣装で登場するかと思いきや、あの衣装にはガッカリです。モロゾフさん、何やってんの…?
あと、スタジオの修造は要りません。飛ばして下さい。(佐野さんも)
Posted by mi at 2007.10.28 22:39
この人、しょっちゅう「引退を考えた」って言ってるよね。
引退って、そんなに簡単に考えたり、口にするものなの?
言い訳も多いし、この人の発言はいつも軽すぎ。

管理人の安藤びいきも、また始まったって感じ。
本当、好き嫌いが分かりやすい人だね。
Posted by いっそ引退して at 2007.10.28 23:32
途中ジャンがザンになってます
Posted by 間違えてますよー at 2007.10.29 01:39
浅田真央のパーソナルベストと
安藤美姫のパーソナルベストを
比べたら
両者の実力差が歴然としてますので
引退を考えるのは何となくわかりますね

この前の優勝も
最高の演技をした上で
浅田真央が転倒という結果で
僅差の勝利でしたから
続ける勇気にエールを送りたい
Posted by あた at 2007.10.29 04:43
いつも、フィギュアの記事、楽しみにしています。
芸能記事よりも興味深かったりして(爆)。
ただ心配なのは、他のサイトにも見られますが、安藤美姫のアンチたちの荒らしです。
今期は安藤の話題を取り上げているだけで、徹底的に叩いて、書かせないようにしているみたい。
来たら、即削除、アクセス禁止登録をオススメします。

このブログは偏りがなく、いい演技をした人は日本人であれ、外国人であれ、誉めてくれるので、芸能ファンでもない私も見に来ているです。

心無いアンチの嫌がらせに負けないで、これからも、公正な視点で書きつづけてください。
これからも、応援しています。
浅田真央ファンより…。
Posted by mao at 2007.10.29 07:48
間違えてますよーさんへ。
「ザン」でいいんですよ。
一度、新聞などでご確認ください。

maoさんへ。
ご配慮ありがとうございます。
おかしいですね、私はどちらかというと真央ファンなんですが…(笑)
まあ、今期も頑張って書かせていただきます。
Posted by 管理人 at 2007.10.29 08:46
ミキティってなんか応援する気がなくなる。あの発言のせいかな… 黙ってりゃいいのに やる前から調子悪いようなこと言って。子供っぽすぎる
Posted by ちゃっき at 2007.10.29 10:38
取り敢えず、頑張ってほしぃーの!
Posted by 生駒 at 2007.10.29 21:03
今回はなんで真央ちゃん出てなかったの?
Posted by 真央ファン at 2007.10.30 02:20
解説の人も言ってましたが、安藤はなんだか一人オーラが違うようにみえました(笑)
Posted by nine at 2007.10.30 08:00
真央ファンさん、GPシリーズは本人が出たい大会に出られる訳ではなく協会の方から出る大会を割り振られるんですよ。

ちなみに真央ちゃんが出るGPは11月2日からのスケートカナダと16日からのフランス杯ですよ。
Posted by 匿名 at 2007.10.30 12:57
浅田真央は、取り上げないのw
安藤は応援するけど、浅田には興味無いんだよねww
あと沢尻が大好きで、どんな記事にも絡ませて
叩きまくるのが最近の得意技だよねww
自分の好き嫌いで記事を書く、自己満足ブログだね。
キムタクも嫌いだとよんでるんだけど、どうかな〜?
これからも観察(管理人の好き嫌い)続けま〜すw
ランキングは、下の方でねwww
Posted by 管理人へ at 2007.11.05 14:58
テレ朝は「ジャン」と表記してましたよ。
マスメディアによって表記が違うんじゃないですか?
Posted by ジャン at 2007.11.09 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログパーツ
リゾート地でバイト