寝て芸新着記事

2015.08.21

芸能人成り上がり↑成り下がり↓伝説

努力と実力と運を頼りに、多くの人間が頂点を目指してゆく弱肉強食の芸能界。
サバイバルゲームに勝ち残った勝ち組芸能人と、かつてはカリスマだった負け組み芸能人。
今回はそんな彼女たちの“成り上がり&成り下がり”伝説をお贈りします。
その驚きの中身は


一昔前まで辛酸を舐めていたアイドルが、今やトップスターであるというのはザラです。
まずは“成り上がり組”からお届けします。

上戸彩(21)
新CMの女王と言われる上戸。彼女はかつて「Z-1(ゼットワン)」というアイドルグループに所属していました。おそらく、ほとんどの人は耳にしたことはないでしょう。国民的美少女コンテストの各部門を獲得した少女たちで構成されたこのユニット。
なんと、正式に解散していないというから驚きです。

綾瀬はるか(22)
今や、実力・人気ともに若手女優の中で評価が高い綾瀬。
華々しくデビューを飾ったと思った人も多いでしょう。ところが、かなりの苦労人。
元々はグラビアを中心に活動。惜しげもなく水着姿を披露していましたが、人気を得ることができませんでした。
挙句の企画が、ダイエット番組の体験チャレンジ。元々太りやすい綾瀬。目標体重に到達しなければ芸能界を辞めるという超ハードな内容。これを綾瀬の所属するホリプロがOKした時点で、かなりの崖っぷちだったことがわかります。
たまたまこの企画をTVで観ていたのですが、確かにぽっちゃりしていました。でも、あの小鹿のような眼差しはこの当時も可愛らしかったのを記憶しています。

優香(27)
癒し系の自然体女優として、同性からも人気がある優香。
彼女はデビュー当時、巨乳がウリのグラビアアイドルでした。
当時の扱いもかなり酷く、あの伝説の「熱湯コマーシャル」にも出演。
ヨゴレ仕事もこなしていたのです。

倖田來未(24)
浜崎を超え?、見事に歌姫の座を勝ち取った、エロカワ女王の倖田。
デビュー直後はビルボードにランクインするなど活躍しましたが、その後は泣かず飛ばず。
その結果、仕事といえば地方のクラブでドサ周りを行う日々。
最も酷かったときは、ライブの客がなんと3人

今の倖田は、ちょい天狗。初心忘るべからずと言ってあげたいような気が…。

次に“成り下がり組”をお届けします。
吉川ひなの(27)
かつてはカリスマモデルとして絶大な人気を誇り、時代の寵児であったはずの吉川。
結婚は素敵な制度でしゅ」で有名な、IZAMと“ままごと婚”。そしてやっぱりのスピード離婚。その後、ホリエモンとの交際、直後にカレは逮捕と不幸続きな吉川です。

鈴木あみ(25)
小室プロディースのアイドルとして大活躍していた鈴木。しかし、事務所とギャラでモメてしまい、芸能界を干されるハメに。
なんとか再デビューしたものの、CDはあまり売れず、最近ではエロを売りにする新曲を発表。
元、モーニング娘。の後藤真希と行く末がかぶりそうです。 

以上いかがでしたか?
番外編として最後に椎名林檎(28)のレアな情報を椎名が最初に目指していたのはなんとアイドル。実は彼女はホリプロスカウトキャラバンに応募していたのです。結果は幸か不幸か落選(ちなみにこのときのグランプリは上原さくら)。日本の音楽シーンにその名を残すであろう歌舞伎町の女王にそんな過去とはビックリです。
(情報参照元:Exciterエキサイター)

ブログパーツ
リゾート地でバイト