寝て芸新着記事

2011.03.25

長澤まさみが崖っぷちで最後の賭けに出る?

かつては、好感度ナンバー1女優と騒がれた長澤まさみ(23)が、最近は不調にあえいでいます。

昨年度のドラマと映画の主演作は、なんとゼロ。
今年3月21日に単発ドラマ『屋上のあるアパート』(TBS)、5月公開の映画『岳−ガク−』で久しぶりにヒロインを演じるものの、現在のレギュラー番組はラジオ1本のみという悲惨なありさまです。

寝て芸はこれまで長澤まさみの記事を、62本も書いてきました。
いかに、長澤まさみの人気が高かったか、それだけでもわかります。
長澤まさみ関連記事一覧

昔の輝きを知っているだけに、長澤まさみの低迷ぶりは、悲しいような、情けないような…

そんな長澤まさみに、危ないオファーが→ Ranking

[pr]LUXE-長澤まさみ【愛され】ジュエリー


芸能プロ関係者の話。
「ドラマと映画を試写した限り、高視聴率もヒットも望めない作品だった。敢えてキツイ言い方をすれば、両作品は長澤である必然性が全く感じられないんです。この2作品役がコケたら干されるどころか、今度こそ本当にヤバい。脇役は来ても主演オファーは無くなるはず」(引用元:週刊実話)

そんな崖っぷちの長澤ができることといったら、もうあの線しかないかもしれませんね。
ついに、人気復活をかけ新境地にチャレンジするらしい。
これまで幾度と無く消えては浮上した“お色気路線”への転身です。

事情通の証言。
「現在、関係者を含めシナリオハンティングの真っ最中。選考には長澤も加わりやる気を見せている。基本は長澤のヌードが前提ではなく、作品に必然性があること。そのためだったら過激濡れ場にも果敢に挑戦するそうだ」(同)

現在、有力な原作候補として挙がっているのが谷崎潤一郎の名作『痴人の愛』のリバイバル。
しかし、多くの女優が演じてきた“ナオミ”役を、演技力のなさでは定評のある長澤が果たして演じられるでしょうか?

関係者談。
「これこそ長澤の女優力が問われる作品。現代風にアレンジすることで、どこまで性描写を描いていくかがこれからの課題。シノプシスから仮台本を起こしている最中で、後は長澤の返事待ちの状況です」(同)

しかし、これまでも何度か長澤が濡れ場に挑戦するという噂は流れましたが、実現はしなかったという背景がありますよね。話題性ばかり強調して、結局は脱がないのではないか、という疑問が出ても不思議ではありません。
でも、どうやら、今度こそは実現しそうな気配なのですね。

映画関係者の話。
「今回は状況が180度違う。テレビ・映画関係者からは『長澤ではヒットしない』の声が囁かれるにようになった。追い打ちを掛けるようにジャニーズ事務所から共演NG女優に指名されている。嵐の二宮和也との恋愛騒動やドラマ『プロポーズ大作戦』で共演した山下智久から毛嫌いされたためだ。だが、一発、当たれば全てはいい方向に動き出します」(同)

もう、八方ふさがりの長澤まさみ。今度こそ、引退覚悟で最後の勝負に出る?

お宝を4点ゲット↓
長澤まさみの超レア画像→ Uwasa Geinou Ranking
長澤まさみの超レア画像→ Reading Geinou Ranking
長澤まさみの超レア画像→ Geinou Ranking Geinoujin

■本日の芸能ニュース速報芸能人ランキング
◆「寝ても覚めても芸能アイドル」の順位は?
ジャニーズの噂話は⇒ジャニネタ特集
■この記事をブックーマークに追加する⇒ブックマークに追加する
寝ても覚めても芸能アイドルTOPへ

19:14 | 長澤まさみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
リゾート地でバイト