寝て芸新着記事

2006.03.26

荒川静香が銀メダルの村主章枝を祝福

女子フィギュアの世界選手権。終わりましたね。
テレビ放送中、荒川静香が不仲を伝えられる村主に拍手を贈っている姿が印象的でした。
トリノでの金のゆとりなのか、それとも本当に二人は和解したのでしょうか。
まあ、そういう芸能サイト的な話題の出し方はさておき、
まずは速報から。以下はデイリースポーツからの引用です。

フィギュアスケートの世界選手権最終日は25日、カナダ・カルガリーのサドルドームで女子のフリーを行い、トリノ冬季五輪4位の村主章枝(25)=avex=が通算209・74点で銀メダルを獲得した。

トリノ五輪6位の16歳、キミー・マイズナー(米国)が初優勝した。

初出場の中野友加里(20)=早大=も5位に入り、日本女子は来季の出場枠「3」を確保。来年、東京開催の世界選手権に大きな弾みをつけた。

村主は表現力豊かな演技で、2002年、03年の3位を上回る自己最高位。世界選手権で3度目のメダル獲得は、1998年優勝、90年2位の伊藤みどり、02、03年3位の本田武史を上回り、日本選手で最多。

日本女子は今季、五輪で荒川静香(プリンスホテル)が金メダル、グランプリ(GP)ファイナルで15歳の浅田真央(グランプリ東海ク)が優勝し、世界トップの選手層の厚さを示した。
後半では、フリーの戦いを振り返ります。…Ranking



トリノ五輪女子フィギュアフリーで、金メダルに輝いた荒川静香の素顔を追ったDVD荒川静香「Mome...ワールド・フィギュアスケート (14)女子フィギュア

実力ナンバー1のサーシャ・コーエンがまたも優勝を逃しました。
大きなミスもあり、3位という成績は致し方ないでしょう。
まさに、彼女は「嘆きの天使」ですね。

優勝したキミー・マイズナーは、まだ初々しい「純白の天使」。
容姿も全選手の中で図抜けており、人気爆発の予感ありですね。
古き良きアメリカ(昔の映画に出てくる美女)を想い起こさせる美貌は、終始輝いていました。
全体に柔らかく、繊細な趣きも持っており、
何より、誠実な感じのすべりがいいですね。
マジメにきっちり演技をこなし、気がつけば金でした。

村主は銀でも喜んでなかったですね。
こちらはもう「傷だらけの天使」。
来季は万全の体調で望んでほしいです。

中野はこれからまだ伸びる選手。
初めての晴れ舞台で、よくやってくれました。

恩田は準備期間が短くて気の毒でした。
でも、ところどころに彼女らしさが出ていたことと、
「現役続行宣言」が聞けたことは嬉しかったです。

これでフィギュアは今季が終了。
何だか寂しいですね。
来年の世界選手権は東京で開かれます。
日本の代表は3人。
誰が選ばれるんでしょうか。
荒川は出るのでしょうか。
話題は尽きない女子フィギュア。
これからも、楽しみですね。→Geinou Ranking

荒川 イナバウアー始球式

【本日の注目記事】
「米倉涼子が荒れているワケ」
→芸能ランキング2位 ワイド芸能ショー さんで
「浜崎も登場!浅田真央争奪戦」
→芸能ランキング4位 芸能ウラ情報ブログ:キレ鯵 さんでさんで
「イニシャルトーク 超イケメン俳優が美女と密会!」
→芸能ランキング1位 エンタメSCOOP さんで

●芸能人の仰天スキャンダル・熱愛情報は→人気ブログランキング
●今まで見たこともない、お宝画像&ハプニング動画は→にほんブログ村
●芸能&アイドル情報なら、まずココに飛ぶべし→芸能広場

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
リゾート地でバイト