寝て芸新着記事

2006.02.24

「荒川」しなやかに金メダル「安藤」には神風吹かず。

女子フィギュアが終わりましたね。
テレビをご覧になったでしょうし、
またネット新聞では、いろんな記事が読めます。

氷上の妖精たち(安藤美姫ほか) 2006年度 カレンダーワールド・フィギュアスケート(13)
元気にやせる研究所


私なんかが、改めて書くことなど何もありません。
でも、去年のクリスマスに行われた全日本選手権から、
ずっとこの日のために応援してきたので、
少しだけ、感想を書かせていただきます。⇒ランキング


まずは金メダルの荒川選手。
最高の舞台で力を出し切れるということが、どんなに凄いことなのか、
彼女の演技を見ていて、感じました。
あんなに柔らかで、しなやかで、しかも伸びのある荒川の演技は、見たことない。
フリーでは、神様を引き寄せた唯一の演者が、荒川でした。
あの女王スルツカヤでさえも、
またショートプログラムでは完璧だったサーシャ・コーエンも、
転倒してしまいましたよね。
結果的には大差の優勝となりました。
スパイラルシークエンス、イナバウアーなど、荒川の柔軟な体と大きなスケールを生かした技は、観衆を魅了。
それに加え、今回感じたのは、彼女のステップの精度の高さです。このステップも、彼女の見せ場の一つと言えるでしょう。
総合的に見て、スタンディング・オベイションが起きて当然の演技内容でしたね。
もちろん、ゴールド・メダルに最もふさわしいパフォーマンスでした。
人の一生のうちには神様が舞い降りる瞬間があるといわれますが、
荒川選手は、トリノの大舞台で神を呼び寄せてしまったのですね。
それはきっと、彼女の長い精進と心の純一さが生んだ、必然のドラマなのだと思います。

実力ナンバーワンと言われながら、スルツカヤは失敗し、銅メダルに甘んじましたが、
笑顔の素晴らしい選手でした。
この人の瞳には吸い込まれそうな不思議な力がある。
心臓病とか、いろんな問題を乗り越えてきて、
フィギュアが心底好きだということに気づいたという人なので、
完璧に決めて、荒川と金を競い合ってほしかったけれど…、
悲運のチャンピオンという人はいるものですね。
「ザッツ・ライフ(それが、人生さ)」は、彼女がよく口にする言葉だそうです。
人間的にも深みのある、すごい人なのですね。

村主選手も健闘してくれました。でも、去年の全日本で出したような神がかり的な輝きはありませんでした。

最後に安藤美姫。やっぱり彼女は全部が足りなかった感じ。
彼女はこれから、どのような方向に進んでゆくのか、
ちょっと気にかかるところです。

本当に大きなドラマを見せてもらいました。
出場した選手たちに感謝したいと思います。→Geinou Ranking

★本日の見逃せない芸能ニュース。芸能界は今日も熱い。
「藤木相元が鑑定する釈由美子の整形前・整形後のポイントとは? 」
→芸能ランキング8位 毎日1分!芸能裏情報コラムさんで
「トリノ五輪最終特集!「戦う美女達」の舞台裏と本音 」
→芸能ランキング5位 Stevieの注目! ニュース芸能 さんで
「平井理央「すぽると!」内定の裏 」
→芸能ランキング10位 今日のスポーツ新聞&中吊り広告芸能記事 さんで
「ソニンを篠山紀信が撮るっ。 」
→芸能ランキング45位 Jumpin×2 ブログさんで

●芸能人の仰天スキャンダル・知られざる謎は→人気ブログランキング
●今まで見たこともない、お宝画像&ハプニング画像は→にほんブログ村
●芸能&アイドル情報なら、まずココに飛ぶべし→芸能広場

この記事へのコメント
自分はフリー開始から見て、そのまま仕事してるので、今は大変眠いです(T_T)
やっぱり荒川は強いす(^o^)/ でも村主の点の低さは納得できないよ
Posted by stitch at 2006.02.24 10:33
荒川選手は、練習の時から一番落ち着いていましたね、ドキドキしましたが安心して見ていられました。
コーエン選手とスルツカヤ選手は表情と動きが固く、荒川選手が一番五輪を楽しんだようですね。
村主さんもミキティも頑張った!お疲れ様と言いたいです。

Posted by 読者 at 2006.02.24 17:02
村主さんのSPは荒川さんよりも上に感じました。
FSでは荒川さんの滑りが一番良かったと思います。
ただFSでは村主さんが、スルツカヤ選手を上回っていたように感じました。
スルツカヤ選手は誰もが認める技術を持っていながら憂いが感じられない所は残念です。
因みにスルツカヤ選手がよく口にする『ザッツライフ』という名言を最初に言ったのはミシェル・クワン選手ですね。
ところで管理人さん、男子フィギュアはやってくれませんよね??笑
Posted by プッチニ at 2006.02.25 14:23
みなさん、コメントありがとうございます。

stitch さん、村主のテイストはヨーロッパ受けしにくいかも。

読者さん、そうですね。ずぶとそうに見えた、コーエンとスルツカヤが重圧におしつぶされたのは意外でしたね。

プッチニさん、お詳しいですね。
『ザッツライフ』は、フランクシナトラの歌だそうですね。
スルツカヤの美しさは、ロシアとかヨーロッパ受けしやすいテイストだと思います。
日本人は繊細で小技が巧いと思いますが、
ヨーロッパはダイナニズムを重視するのでは。
それと明快さを求めているのだと思います。
村主は光と影、繊細な陰影を描ける唯一の演者ですが、ヨーロッパ人の感性に、どう訴えてゆくかは、これからの課題になるかもしれませんね。

みなさん、これからも、よろしくお願いします。
Posted by 管理人代理 at 2006.02.25 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13698742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

荒川静香、トリノ五輪で金メダル!世界のイナバウアー
Excerpt:  トリノ五輪フィギュアスケートで荒川静香(24)が、女子シングルのフリープログラムが行われ、ショートプログラムで3位につけていた荒川静香は、フリーで125.32点をマーク。合計191
Weblog: 時の人
Tracked: 2006-02-24 12:30
ブログパーツ
リゾート地でバイト