寝て芸新着記事

2008.10.26

安藤美姫に復活の兆し!キム・ヨナに次ぐ2位発進!

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦のスケートアメリカが、
ついに開幕しましたね。

今年のGPシリーズも、浅田真央キム・ヨナの一騎打ちになるのでしょうか。

また、去年は大失速した安藤美姫の復活は?

いきなり初戦から、安藤とキムの対決が実現→ranking

DIRECT STYLE


何だかんだ言われながらも、安藤美姫の人気はやはり凄いですよね。

もって生れたスター性があるので、
マスコミは彼女を今年も追いかけ続けるでしょう。

今年の安藤で注目すべきは、
まず、復活できるかということ。

何しろ、去年のGPシリーズはファイナルに進めず、
世界選手権では途中棄権という悲劇に見舞われました。

負傷している右肩の具合ですが、
もう完治の見込みはないという深刻さです。

状態は、ビールマンスピンのポジションをとれないくらいひどいらしい。

そのために、右手に負担のかからないプログラムを組んでいるとのことです。

そして、公言した「四回転ジャンプ」への挑戦…。

では、GP開幕戦のショートプログラムを振り返ってみましょう。

ジャンプは3回転が一つ回転不足を取られたのと、
スピンでの転倒をのぞけば、ほぼ完璧でした。

一方の優勝候補のキム・ヨナはというと、
ダブルアクセルで転倒したものの、
その他は圧倒的な表現力と完成度を示し、
安藤美姫に10点以上の大差をつけて、
1位発進しました。

結果は、以下のとおりです。

安藤美姫(トヨタ自動車)が57・80点で2位、
中野友加里(プリンスホテル)は57・46点で3位。
GPファイナル2連覇中のキム・ヨナ(韓国)が69・50点で首位に立ち、長洲未来(米国)は4位につけた(引用元:報知スポーツ)。

中野の場合は、ノーミスでないと安藤とキムに対抗するのは不可能なので、ジャンプミスは痛かったですね。
その他の演技は持ち味を充分に出していたと思います。

■本日の芸能ニュース速報次項有芸能人ランキング
◆「寝ても覚めても芸能アイドル」の順位は?
ジャニーズの噂話は⇒ジャニネタ特集
■この記事をブックーマークに追加する⇒ブックマークに追加する
寝ても覚めても芸能アイドルTOPへ

21:59 | 安藤美姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
リゾート地でバイト