寝て芸新着記事

2008.06.12

青木裕子は“第二の川田亜子”になる!?

川田亜子アナ(享年29)の自殺の余波が様々なところに広がっているらしい。
川田亜子との交際が噂された大手芸能プロ幹部X氏が、
白人男性に訴えられるという⇒blogranking
その動向にも注目したいが、もう一つの動きは、
女子アナのフリー転身は、これからはほぼなくなるだろうということ。
川田亜子クラスの人材でも、結局は巨大な圧力に潰されたという見方が強く、一時はブームともなった人気アナの独立に急ブレーキがかかり、女子アナは「フリーでは食べてゆけない」が常識化しそうだ。

そんな状況下で注目されるのが、独立目前とまで言われていたTBSの青木裕子アナの動き。
フリーになるために、芸能界の大物とたびたび食事していたというのだが→ranking

■本日の芸能ニュース速報次項有芸能人ランキング
◆「寝ても覚めても芸能アイドル」の順位は?
ジャニーズの噂話は⇒ジャニネタ特集


川田亜子の元彼といわれるX氏は、元テレ朝の丸山珠代参院議員(37)にもアプローチしていたらしい。

テレビ関係者の話。
「丸山議員は転身組では珍しくうまくいった例。川田さんの自殺の原因が『仕事が激減したため』と報じられ、各局の女子アナはフリーになることをやめたようです」(引用元:ゲンダイ)
フリー女子アナの悲惨な現実!川田亜子の死で浮き彫りに!

中でも“川田ショック”をまともに浴びたのが、川田が在籍していたTBSの女子アナたち。

TBS関係者の証言。
「一番シュンとしているのは青木裕子アナです。川田さんと親しく、『次に独立するのは青木だ』といわれるほど独立志向が強いですから」(同)

TBS屈指の人気アナである青木裕子は、本気で独立を考えていたという。
芸能関係者の話では「フリーになるために、芸能界の大物とたびたび食事をしていた」とのこと。

う〜ん、その大物がどんな人物かはわからないが、その人物に頼り切った状態でフリーになっても、川田亜子の二の舞になる可能性もあるだろう。

川田亜子の自殺によって、現在の青木裕子はというと、
TBS関係者によれば「今は局内の敏腕プロデューサーなどに接近している」らしい。
ということは、TBS局内で食べてゆく覚悟を決めたということだろうか。

川田亜子が独立した時は、バックに大物がついているから強いと言われていた。
それに、「したたか」なイメージが強く、とても自殺するようなタイプには見えなかった。

川田亜子の下積み時代の画像
川田亜子の下積み時代→Ranking
川田亜子の下積み時代→Ranking
川田亜子の下積み時代→Ranking
上の画像を改めてよく見ると、やはり“幸薄系”かもしれない。

それだけに、異性交遊が激しいと噂される青木裕子にもどんなことがあるかもわからない。
今後の青木裕子の動きから目が離せない。

【今日のランキング情報】
川田亜子「自殺」に新展開!“最後の恋人”が元カレを訴える!」
芸能ランキング3位ズバリ!裏芸能 さんで
モーニング娘。また自作自演?不可解なPV流出騒動 」
芸能ランキング4位Stevieの注目! ニュース芸能 さんで
寝ても覚めても芸能アイドルTOPへ

23:52 | 女子アナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ
リゾート地でバイト